チャンピックスの作用機序まとめ

タバコには習慣性があり、なかなか止めることが難しくあります。これを治療する方法としてチャンピックが用いられます。チャンピックスは禁煙治療薬として禁煙外来で処方されているお薬です。それではチャンピックスの作用機序についてご紹介いたします。

チャンピックスと喫煙男性の写真

チャンピックスの作用機序と添付文書

チャンピックスは禁煙外来で処方される医薬品で、ニコチンを使わずに禁煙をする禁煙補助剤となっています。
有効成分はバレニクリンで、タバコを吸うことで吸収されるニコチンと同じような作用によって、禁煙による離脱症状の軽減と、タバコを吸った際の満足感を抑えて禁煙を成功させる効果があります。
タバコを吸うと肺から血中へとニコチンが吸収され、脳内のニコチン受容体に結合することで、報酬系の神経伝達物質であるドパミンを放出し、脳が安堵感を覚え一時的に気分が落ち着きます。
ニコチンの結合半減期は1時間ほどで、すぐにドパミンが切れることで反動がおき、安堵感から不安感へと変わります。
再びニコチンが欲しくなるので、タバコを吸い始め、このサイクルによってニコチン依存症へと繋がります。
チャンピックスの作用は、成分がニコチン受容体に結合することで、タバコを吸った際のニコチンを結合できなくさせます。
バレニクリンの結合半減期は24時間とされ、長時間にわたって結合をさせないことで、喫煙による満足感を抑えます。
同時に受容体からドパミンを放出することで、禁煙によって起こる不安感を減少させてくれます。
チャンピックスを使用すると中枢神経に作用するため、様々な副作用が起こるとされますが、添付文書には因果関係ははっきりしていないと記載されています。
主に起こる副作用としては精神的な症状で、抑うつ、不安、焦燥、興奮といったもので、気分障害が主となり、重度なものでは攻撃的行動、敵意、自殺念慮などがあります。
報告の多い副作用はめまい、吐き気があり、その他にも様々な症状があるので、まずは添付文書に目を通して理解した上で使用するようにしましょう。

チャンピックスの有効成分とその働き

チャンピックスに入っている有効成分はバレニクリン酒石酸塩という名称です。
成分を説く時はよくバレニクリンと略しています。
チャンピックスが禁煙に効果があるのは、この成分がニコチンと同じような働きをするからです。
まずタバコを吸った場合、煙に含まれているニコチンが脳にまで達します。
脳にはニコチン受容体というものがありますので、ニコチンはこれと結合します。
そうするとドーパミンが放出され、良い気分になります。
そうすると、また次々と身体がニコチンを欲しますので、タバコをどんどん吸ってしまいます。
これはすでにニコチン依存症になっている状態ですので、こうなってしまうとすでに自分の意志でタバコをやめることはできませんから、病院で病気として治療を受けるしかありません。
それに最適なのがチャンピックスです。チャンピックスは体内でニコチンと同様に働きます。
チャンピックスを服用しますとニコチンと同じように脳まで到達し、ニコチン受容体と結び付きます。
その時、ニコチンと比べれば少量ではありますが、やはりドーパミンが出ます。
タバコを吸っていなくても同じように良い気分になることができます。
この時点でもう身体が満足していますので、さらにタバコを吸いたくなることがありません。
もし吸ってみたとしても、ニコチン受容体にはすでに先客がいますから、新たに結び付くことがないですのでドーパミンも出ず、今吸ったタバコは特においしくも感じないということになります。
病院でチャンピックスを処方されるのは12週ですが、これは保険診察を受けられる期間で、チャンピックス自体は自費で24週まで続けることができます。
但し12週以内で禁煙できた人が90%以上と言われていますので、チャンピックスは禁煙にとてもよい働きをする薬と言えます。

チャンピックスの注意したい副作用

チャンピックスの副作用の中で、まず注意しておきたいのが特に飲み始めの頃に、気分が落ち込んだり不安感がつのったりする気持ちが起きてくることです。
これはチャンピックスを飲んだことで起こるというよりは、今まで長い間吸っていたタバコを吸わずに我慢している事や、今回絶対に禁煙を成し遂げなくては、という不安から起こるものですが、もともとそういう気持ちが出やすい人は、それが大きく症状に出ることがあるので、気をつけておかなくてはなりません。
もともと精神的に不安を持っているような人は、そもそもチャンピックスではなくニコチン入りのガムやパッチを治療法として選択した方がベターですが、それ以外で、気にしやすい人はさらに強く感じることもありますから、その場合は注意が大切ですので、いったん飲むのを止め、医師に相談するべきです。
次に注意したいのは睡眠に関してです。チャンピックスの服用で不眠が目立つことがあります。
これは本来、上記のように、タバコを吸えないでいて、これからやめなくてはならないあせりから出るものですが、中には、今まで見たことがないような夢を見たりすることがあります。
このような時も医師に伝え、今後の服用について相談します。
身体の副作用としては、腹痛、便秘、下痢、腹部膨満感、吐き気といった、胃腸系の症状が出ることが見られます。
チャンピックスは原則として食後に服用することになっていまして、飲み始めの3日間は食後ならいつでもよく1日1錠、4日目からは1日2錠を朝夜の食後に飲むとなっています。
初めの3日は、飲み始めで身体が慣れていませんので、医師と相談して飲む時間帯をいろいろ変えてみると、胃腸系の副作用は軽減されることが期待できます。
4日目以降は朝夜となっていますが、この段階でもお腹の調子がよくないようですと、時間帯をずらしてみるとよいです。

■チャンピックスは通販でも購入できます
チャンピックス 通販