タバコには習慣性があり、なかなか止めることが難しくあります。これを治療する方法としてチャンピックが用いられます。チャンピックスは禁煙治療薬として禁煙外来で処方されているお薬です。それではチャンピックスの作用機序についてご紹介いたします。

チャンピックスと喫煙男性の写真

チャンピックスの禁煙治療内容とナイアシン欠乏症

ナイアシン欠乏症もしくはニコチン酸欠乏症は別名「ペラグラ」とも呼ばれている症状です。
ナイアシンはビタミンB群の一種で在り、ナイアシンが不足することで皮膚炎や下痢、認知症と言った病気を発症させると言われています。

ニコチン酸と言うと煙草のニコチンをイメージする人が多いのですが、酵素の作用発現を助けるための物質であり、生体内に次用不可欠であり、酸化還元反応に対して重要な役割を持つ水溶性ビタミンになります。

「ペラグラ」は皮膚炎においては顔面や頸部、手足と言った日光が当たる部位に対し、褐色の色素沈着、発赤、水疱、痂皮と言った形成が現れるのが特徴で、ニコチン酸類の投与を行う事で治療が可能になると言います。

禁煙をする場合、禁煙補助剤の一つでもあるチャンピックスを服用して行うケースが在ります。
チャンピックスは禁煙外来で処方して貰う事が出来る禁煙治療薬です。

禁煙外来の治療内容と言うのは、チャンピックスの処方だけではなく、禁煙に対するアドバイスを専門医から受けることが出来ると言うメリットが在ります。

充実した禁煙治療内容となっているため、一人で禁煙が難しい人などが禁煙外来を利用する事で禁煙の達成率が高くなると言われています。

煙草にはニコチン依存と言うものがあり、依存性が高いため、中々禁煙が出来ないと言う人が多いのですが、禁煙外来による治療内容では、定期的な通院を行う事で、現在の禁煙実績などを加味して専門医が禁煙のアドバイザーになり、禁煙の治療薬としてチャンピックスが処方されると言った特徴が在ります。

尚、禁煙外来での治療費と言うのはチャンピックスの薬代も含めて、初診の場合は保険治療が適用され、途中で治療を止めてしまった場合でも、初診から1年を経過していることで保険治療での禁煙治療を受けることが出来るようになっているのが特徴です。