タバコには習慣性があり、なかなか止めることが難しくあります。これを治療する方法としてチャンピックが用いられます。チャンピックスは禁煙治療薬として禁煙外来で処方されているお薬です。それではチャンピックスの作用機序についてご紹介いたします。

チャンピックスと喫煙男性の写真

パンフレットに載ってるチャンピックスの標準的な服用

禁煙を達成するためには、ある程度の時間がかかります。また、禁煙を続けていても、ちょっとした油断で喫煙してしまって、禁煙を続けることが困難になってしまうことがあります。なぜ、禁煙を続けるのが難しいのかというと、喫煙習慣が長いと、ニコチン依存になっているからであると考えられます。この状態はニコチンが体内から抜けると、脳がニコチンを摂取するように体に指令を出すので、喫煙を繰り返してしまう状態です。ですから、自分の意志でタバコを吸うのを止めようとしても、やめることができないということがよくあります。そこで、チャンピックスという薬を服用することで、禁煙を達成させる可能性が高くなってきます。このチャンピックスは、よく医療機関などでパンフレットとして、どのような標準的な効果や作用があるのかということを確認することができます。パンフレットの場合は、絵で標準的なチャンピックスの具体的な説明をしていますので、非常にわかりやすい内容となっています。特にパンフレットの中でも確認しておきたい部分としては、チャンピックスの服用方法です。チャンピックスの標準的な服用法としては、まず初日から3日目までは1錠ずつ服用していき、3日以降は2錠ずつ服用していくことになります。また、チャンピックスの服用を開始する時期としては、禁煙を開始する1週間前から服用していきます。最初の頃は、喫煙欲求がなかなか解消されずに、口さみしい感覚を覚えるかもしれませんが、服用を開始して1週間くらで、徐々に喫煙したいという欲求は減っていきます。チャンピックスの服用期間はおよそ12週間といわれていますが、12週間後にはほとんど喫煙欲求がなくなっていますから、この時期まで禁煙がてきていれば禁煙は成功したといういうことが言えるでしょう。