タバコには習慣性があり、なかなか止めることが難しくあります。これを治療する方法としてチャンピックが用いられます。チャンピックスは禁煙治療薬として禁煙外来で処方されているお薬です。それではチャンピックスの作用機序についてご紹介いたします。

チャンピックスと喫煙男性の写真

世界各国での禁煙指導とチャンピックスの服用について

世界的にみて、喫煙は肺がんや呼吸器疾患になってしまうリスクを増幅させるものとして認識されています。
そのために世界の様々な地域において禁煙指導が行われており、日本においてもひと昔前までは喫煙は習慣的なものとして考えられますが、現在では状況は変わってきています。
喫煙は日常的な生活習慣の一部ではなく、たばこに含まれているニコチンの影響による中毒作用によるものであるとわかっており、医療機関を受診することで禁煙指導を受けることが可能な体制になっています。
医療機関の中には禁煙外来が設置されているところも増えており、初回の診療では禁煙治療を受けることが可能かどうかの条件の確認に加えて、禁煙指導が行われます。
検査の結果として禁煙補助剤の処方が認められるときには、チャンピックスが処方されることになります。
チャンピックスは禁煙補助剤として開発されている医薬品で、ニコチン受容体に対するパーシャルアゴニストの薬に該当します。
たばこを吸うことが止められない原因としては、たばこに含まれているニコチンが脳内の受容体と結合することで、神経伝達物質であるドーパミンを放出させることにあります。
たばこを吸うことでドーパミンの放出が行われることから、禁煙したときにたばこへの切望感が高まることになります。
このような離脱症状が身体に現れることから、喫煙を止めることで禁断症状が出やすくなります。
チャンピックスに含まれる成分には、ニコチンの代わりに受容体に結合する性質を持っていることから、禁煙を開始した場合でも一定程度のドーパミンを放出させることができます。
チャンピックスを服用することで、禁断症状を軽減させながらたばこを止めることが可能になる効果が得られますので、世界的に認められている医薬品であると言えます。