タバコには習慣性があり、なかなか止めることが難しくあります。これを治療する方法としてチャンピックが用いられます。チャンピックスは禁煙治療薬として禁煙外来で処方されているお薬です。それではチャンピックスの作用機序についてご紹介いたします。

チャンピックスと喫煙男性の写真

専門家も勧めるチャンピックスは大学病院でも処方

これまでの禁煙補助薬は、タブレットやシールなどでニコチンを摂取しながら、「習慣としての喫煙」を減らしていく、という物が一般的でした。ニコチン自体を摂取するため、喫煙への欲求を一時的に抑制することができましたが、タバコへの依存そのものを、改善することは難しいといわれていました。ニコチン自体を辞めるために、もう一度苦労しなくてはいけなくなるため、完全に中毒から抜け出すには、非常に強い意志と忍耐が必要でした。

チャンピックスは、これまでの禁煙補助薬とは違った、画期的な薬です。チャンピックスに使用されている成分は、ニコチンとよく似た性質を持っていますが、中毒性はほとんどないとされています。脳にあるニコチン受容体に結合し、喫煙への欲求を軽減するところは、これまでの補助薬と同じです。しかし、中毒性が低いため、チャンピックスに依存することはありません。また、ニコチン受容体がチャンピックスによって満たされると、タバコを吸っても「美味しくない」と感じるようになる、といわれています。長期間チャンピックスを使用すると、タバコに対して魅力を感じなくなっていくため、禁煙を成功させやすいといわれているのです。こうした作用について、海外でも専門家に認められており、大きな注目を浴びています。国内でも、多くの大学病院などで、取り入れられています。

チャンピックスは海外で開発された薬ですが、日本でもその効果が高く評価されており、大学病院の禁煙外来でも処方されています。専門家からも、その実力を認められているのでしょう。禁煙を考えている方は、大学病院などで、チャンピックスの処方を受けてみると良いかもしれません。世界の専門家も認めるその効果を、実際に体験し、禁煙を成功させましょう。