ED治療薬の種類と仕組み

ED治療薬を飲めば、性行為に十分な硬さの勃起ができるようになります。ED治療の効果が認められている有効成分は「シルデナフィル」「バルデナフィル」「タダラフィル」の3種類です。それぞれジェネリック医薬品が存在し、治療を行う上で複数の薬から治療の選択が可能です。

*

ED治療薬とは

ED治療薬は3種類。効果はそれぞれ異なる

勃起不全(ED)に悩む男性は少なくありません。EDは多くの場合、40代以降に発症します。一方、20代から発症する人もいます。

EDの症状の度合いは、人によって個人差があります。まったく勃たないという人もいれば、性交の途中で萎えてしまう人、挿入に充分な硬さが得られないという人もいます。

原因は精神的なもの、病気や怪我によるもの、薬の副作用など様々です。

ED治療では、薬を使うのが一般的です。ED治療薬を飲めば、性行為に十分な硬さの勃起ができるようになります。

現在、ED治療の効果が認められている有効成分は「シルデナフィル」「バルデナフィル」「タダラフィル」の3種類です。

これらの有効成分は、効果があらわれはじめる時間や、効果が続く時間がそれぞれ異なります。

体質によって合うものと合わないものがあります。1つのED治療薬で十分な効果が得られなかったら、別の薬を試してみましょう。

ED治療薬は陰茎内の血管を広げる薬

ED治療薬は3種類あり、それぞれ「シルデナフィル」「バルデナフィル」「タダラフィル」という有効成分が含まれています。

有効成分によって、効果があらわれはじめる時間や、効果の持続時間が異なります。しかし、基本的な作用は変わりません。

勃起は、脳が性的刺激を受け、陰茎の血管が広がることで起こります。

脳が性的刺激を受けると、陰茎の海綿体の中でNO(一酸化窒素)が放出されます。NOによって、今度はcGMP(環状グアノシン一リン酸)という、血管を広げる作用をもつ物質が増加します。海綿体の血管が広がり、血液が流れこむことで、陰茎が膨らみます。これが勃起の仕組みです。

射精をして性的興奮がおさまると、cGMPを阻害するPDE5(ホスホジエステラーゼ5)という酵素が放出され、陰茎はもとの大きさに戻ります。

EDは、様々な原因で、十分な量の血液が海綿体に流れ込まなくなるのが原因です。それに対して、ED治療薬は、PDE5の働きを阻害する作用があります。PDE5の働きが抑えられ、cGMPの働きが阻害されなくなることで、血管が広がり、正常な勃起ができるようになるのです。

ED治療薬の種類とジェネリック

ED治療薬の中で、代表的な存在が「バイアグラ」です。世界初のED治療薬として、1998年にアメリカのファイザー社が開発し、翌年には日本国内でも販売が開始されました。

有効成分として「シルデナフィル」という成分が含まれています。シルデナフィルの含有量ごとに、25mg・50mg・100mgの3種類が製造されています。国内では25mgと50mgのみ承認されており、100mgは販売されていません。

バイアグラの次に作られたED治療薬が、ドイツのバイエル社が開発した「レビトラ」です。有効成分の名前は「バルデナフィル」で、5mg・10mg・20mgの錠剤が販売されています。服用から効果が出るまでが早いのが特徴です。

3番目に作られたED治療薬が「シアリス」です。アメリカのイーライリリー社が開発しました。「タダラフィル」という有効成分が使われており、5mg・10mg・20mgがあります。最長で36時間という、長い持続時間が特長です。

基本的な作用は3つとも同じです。しかし、効果の発現時間や持続時間などに違いがあります。また、同じ薬でも、用量によって効果のあらわれかたは変わります。

2018年時点で、バイアグラのみ特許が切れており、国内製薬メーカーがジェネリック薬を製造・販売しています。

ED治療薬のジェネリック医薬品が安い理由

ED治療薬には、ジェネリック医薬品が存在します。

医薬品が開発されると、医薬品特許が設けられ、特許期間中は開発会社が有効成分を独占して販売できます。

特許期間が終わったあとは、他の製薬メーカーが同じ有効成分を使って薬品を製造・販売することが認められます。こうして誕生するのがジェネリック医薬品(後発医薬品)です。

ジェネリック医薬品に対して、元の薬は「先発薬医薬品」といわれます。

ジェネリック医薬品は、先発医薬品と同じ有効成分を使用しているので、基本的な効果は同じです。ただし、剤形を変えて飲みやすくするなどの工夫がとられているため、先発医薬品とは異なる添加物が配合されています。効果は先発薬と変わりません。

ジェネリック医薬品の最大のメリットは、価格の安さです。ジェネリック医薬品は先発薬と違い、有効成分の開発費がかかっていません。そのため、先発薬よりも価格が安くなります。

2018年時点では、バイアグラのみ、ジェネリック医薬品が日本国内でも販売されています。一方、インドではレビトラとシアリスのジェネリック医薬品も製造されています。

例として、バイアグラのジェネリック「カマグラ」、レビトラのジェネリック「バリフ」、シアリスのジェネリック「メガリス」などがあげられます。

参考サイト:カマグラ通販完全ガイド

公開日:
最終更新日:2019/03/22