ED治療薬の種類と仕組み

ED治療薬を飲めば、性行為に十分な硬さの勃起ができるようになります。ED治療の効果が認められている有効成分は「シルデナフィル」「バルデナフィル」「タダラフィル」の3種類です。それぞれジェネリック医薬品が存在し、治療を行う上で複数の薬から治療の選択が可能です。

*

EDに効果のあるバイアグラ

   

バイアグラの効果

男性にとってED(勃起不全)は、死活問題です。

性行為を行うのに十分な硬さを得られない場合は、ED治療薬を使用します。

なかでも、バイアグラは、幅広く世間に認知されています。

アメリカでは1998年、日本では1999年3月に正式販売が認められているED治療薬です。

服用してからおよそ30分から1時間すると効き始め、約5時間は効果が持続します。

バイアグラは、性的刺激がないと、効果を示しません。

効果が現れて勝手に勃起するわけではなく、性的興奮作用や性欲増進作用もありません。

効き始めてると感じたら、ペニスに刺激を加えましょう。

ED治療薬は。あくまで勃起を補助するものであって、服用しただけでムラムラしたり興奮したりしないのです。

また、バイアグラを飲んだからといってずっと勃起したままになることもありません。

バイアグラの特徴

勃起の効果や持続を考えると、バイアグラを服用するタイミングが大切です。

効果があらわれるのは、服用後30分から60分経過してからなので、最低でも性行為の1時間前には飲みましょう。

錠剤には、「25mg」と「50mg」の2種類があります。

25mgで4時間から5時間、50mgで5時間から6時間効果が持続します。

したがって、一般的に夜の12時くらいに性行為を行うなら、夕食前の空腹時に飲んでおきましょう。

しかし、性行為は、パートナーの気持ちに左右されるものでもあります。

女性との関係を踏まえつつ、ベストな勃起の硬さが維持できるタイミングを自分なりに探っていきましょう。

また、バイアグラは、他のED治療薬と比較して、勃起の硬さと強さを支持する声が多くあります。

さらに、ジェネリック医薬品が豊富な点も魅力です。

ジェネリック医薬品は、先発品と同等の効果を持ちながら価格は半分ほどです。

コストパフォーマンスが高いのも大きなメリットと言えます。